ストレッチ ツボ押し 血糖値が下がる仕組み 糖尿病改善「福辻式」DVD 短期間 血糖値が下がる 治療

MENU

ストレッチやツボ押しで血糖値が下がる仕組み

ストレッチでツボ押しで血糖値が下がる仕組みをご存じですか?

この福辻鋭記先生の糖尿病改善「福辻式」DVDでは、足の裏から膵臓を活性化させるストレッチやマッサージ、膵臓に関係する筋肉にアプローチし、膵臓を活性化させるエクササイズなどがあり、短期間で血糖値を下げることが期待出来ます。


では、なぜ、簡単なストレッチやツボ押し等を1日数分程度やるだけやるだけで、血糖値やHBA1c値も下がるのでしょうか?
ストレッチや、マッサージで筋肉のこりなどをほぐすことが血糖値とどのように関係しているのか疑問に思っている方も多いことでしょう。


そもそも血糖値が下がらない原因は、膵臓からのインスリンの分泌不足に加え、その働きが悪くなっているんですね。
要するにインスリンが分泌されていれば、血糖値が必ず下がるというわけではないと言う事です。


腎臓や筋肉、脂肪細胞などにあるインスリン受容体という部分に結合することで、細胞はブドウ糖をエネルギー源に利用したり、ブドウ糖をグリコーゲンなどに変えて細胞内に貯えることが出来るのです。


つまり、いくらインスリンが分泌されていても、その受容体がしっかり働かないことには細胞がブドウ糖を利用することが出来ず、血糖値も下がらないのです。
このようなインスリンの効きが不十分になっている状態を、インスリン抵抗性と言います。


そして、インスリンの抵抗性を招く原因のひとつとして考えられるのが、筋肉のこりや緊張です。
筋肉がこり固まって硬くこわばった状態になっていると、その部分の血液の流れも当然悪くなります。


血流が悪化してくると、細胞には酸素や栄養が十分に行き渡らなくなり、細胞内の不必要な老廃物もスムーズに排出されなくなってしまうのです。
その結果、筋肉も衰えて細胞にインスリン受容体が正常に働かなくなり、インスリンが十分にあってもブドウ糖がエネルギー源として消費されず、高血糖の状態である糖尿病を招いてしまうようになるのです。


したがって、ストレッチやマッサージ、ツボ押しなどで筋肉のこりや緊張を取り除くことで、細胞への血流も良くなります。
正常な健康な筋肉を取り戻すことで、インスリン抵抗性も改善し、食事で血液内に増えたブドウ糖も筋肉の細胞内に効率よく取り込めるようになり、身体のエネルギー源として最大限に消費出来るようになるのです。


このような血糖値が下がる仕組みで、ストレッチでツボ押し、マッサージで筋肉をほぐすことは血糖値やHBA1c値を正常にして、糖尿病の改善に有効に働くと考えられます。


最も効果が高い方法に限定した、1日数分の簡単エクササイズ!

糖尿病改善「福辻式」DVDの詳細を見てみる


このページの先頭へ