足裏の反射区 糖尿病改善「福辻式」DVD 短期間 血糖値が下がる 治療

MENU

糖尿病改善の足裏の反射区(ゾーン)

東洋医学では、足の裏に全身の器官や臓器に対応する反射区(ゾーン)があるとされています。
そこで糖尿病や血糖値が高い人におすすめしたいの足裏ゾーンは、膵臓、腎臓、副腎、脾臓です。

足裏の反射区


糖尿病は、糖質をスムーズに燃焼させる働きを持つ膵臓で作られるホルモンのインスリンが不足して、血中のブドウ糖が上手く燃焼させられなくなることから、血液中に余ってそのまま尿に排出される状態になります。
その結果、血糖値が高くなります。


膵臓の糖尿病に効く反射区を刺激することで、インスリンを作る疲労している膵臓の負担を減らして強化し、元気にして、インスリンも正常に分泌されるようになります。


腎臓のゾーンは左右の足裏の一番幅広い部分のほぼ真ん中くらいに位置し、ここを刺激することで高血糖の改善に効果があるとされています。
腎臓は血液をろ過して、尿として老廃物を体外に排出働きがあり、免疫などにも関係している臓器と言われていますが、上手く機能しないと毒素が体内を巡ります。


疲れがなかなか取れず、むくみやだるさ、腰痛などの症状があれば腎臓の機能低下の表れです。
更に、そのすぐ上にある副腎も腎臓と同様に高血糖の改善に効果があり、免疫力を高めます。


また、左足の真ん中より少し外側(膵臓の隣の小指側)になる脾臓は、東洋医学で食べ物の消化や吸収を支配すると考えれており、ここを刺激すると膵臓と同じ効果があり、血糖値を下げて糖尿病の改善や予防に有効です。


この糖尿病改善「福辻式」DVDでは、足の裏から膵臓を活性化させるエクササイズなどもあり、日常生活に無理なく取り入れることが出来、血糖値が下がり合併症の心配もなくなり、安心した生活が送れるようになれるでしょう。

最も効果が高い方法に限定した、1日数分の簡単エクササイズ!

糖尿病改善「福辻式」DVDの詳細を見てみる


このページの先頭へ