腎臓 ツボ マッサージ 糖尿病改善「福辻式」DVD 短期間 血糖値が下がる 治療

MENU

腎臓の働きを良くするツボマッサージ

腎臓の働きを良くするツボマッサージをご存じですか
糖尿病になると、血液のろ過がうまくできなくなる腎症を引き起こすことから、膵臓と合わせて腎臓を強化することが大切です。

東洋医学では、腎臓は生命のエネルギーを司ると考えれており、五臓の中でも最も大事な臓器です。
そして、おへその両側(指1本分横)にあるツボである膏喩(こうゆ)を押さえることで腎臓の働きを良くして、血液中の塩分や老廃物をろ過させたり、炎症を抑えます。


また、恥骨の上にある曲骨というツボは尿の排泄を促すことで知られており、その少し横あたりも腎臓の働きを良くします。


そんな腎臓を元気にするツボマッサージのやり方は、仰向けになり膝を立て、親指を除く左右4本の指で膏喩をゆっくりと5秒程度押さえて離します。
更に、恥骨とその少し横も同様に指4本で押さえて離します。


そして、最後にお腹全体を時計周りにゆっくり3回マッサージをしましょう。
腎臓の働きが良くなることで、糖尿病やむくみ、冷えの悩みにも効果が期待出来ます。


最も効果が高い方法に限定した、1日数分の簡単エクササイズ!

糖尿病改善「福辻式」DVDの詳細を見てみる


このページの先頭へ