反射区マッサージ 糖尿病改善「福辻式」DVD 短期間 血糖値が下がる 治療

MENU

糖尿病に効く反射区マッサージ

糖尿病の改善に効果のある反射区のマッサージをご存じですか?
反射区マッサージは東洋医学が元になっており、身体の臓器が悪くなってくると体にも不調や異変が出てきますが、この体の不調に対応している体の部分をマッサージをして刺激を与えることで、異変起こしている臓器の調子を整える治療方法です。

ツボ押しとの違いは、刺激をする範囲が広いので、正確な位置など専門的な知識や経験ががなくても簡単に行え、特殊な器具や技術も必要なく、いつでも好きな時にできるのが特徴です。
その為、反射区を知れば、より効果的な治療が出来るのです。


そして、糖尿病は体のエネルギーのブドウ糖が消費されなくなり血糖値が高くなる高血糖が慢性的に持続している状態です。
健康な人の血中ブドウ糖濃度は、様々な臓器が働いて、ほぼ一定の範囲に落ちつくように調整されていますが、糖尿病の症状が進行すると様々な器官が深刻なダメージを受けます。


その為、糖尿病の治療には病院から処方される薬だけではなく、生活習慣の改善が必要不可欠で、それと合わせて、東洋医学での膵、腎、肝の反射区マッサージを合わせて行うと効果的です。
人間の全身には様々な反射区がありますが、糖尿病には、顔と背中にある膵、腎、肝の反射区マッサージを行います。

まず、顔の反射区としては、耳は腎の反射区になり、触って痛みなどがある時は腎臓が弱っている証拠です。
肝は右のほっぺのやや上あたり、膵は左のほっぺのやや上あたりになります。
これらの反射区をそれぞれつまんでもみほぐすようにします。


背中は腰のあたりが腎の反射区になり、肝・胆は腰の右上あたりになります。
背中などの手の届きにくい反射区をマッサージするときは、バスタオルを丸めて仰向けに寝て刺激を与えたり、マッサージ器具を使えば一人でも行うことが出来ます。


また、糖尿病は自覚症状が悪化してからでないと気づきにくいのですが、反射区マッサージをすると痛みなど感じることがあります。
これは体の不調があらわれる兆しとも言えるので、身体の調子を崩す前に反射区をマッサージで刺激して、膵臓や腎臓、肝臓などの内臓の調子を整えましょう。


この糖尿病改善「福辻式」DVDでは、膵臓が元気になるマッサージ法など、とにかくわかりやすく簡単で、自宅で気軽に実践できる内容になっており、忙しい方でも、自宅で一日数分で出来るものばかりです。
高血糖の状態が長く続き、症状が酷くなる前に毎日の習慣に取り入れることで、糖尿病の合併症などの不安のない健康な毎日が送れるようになるでしょう。

最も効果が高い方法に限定した、1日数分の簡単エクササイズ!

糖尿病改善「福辻式」DVDの詳細を見てみる


このページの先頭へ