痩せ型 糖尿病改善「福辻式」DVD 短期間 血糖値が下がる 治療

MENU

糖尿病の痩せ型の治療

日本人をはじめとしたアジア人はインシュリン分泌不全タイプの糖尿病が多いのをご存じすか?
特に、際立つて目立つのが肥満ではなく痩せ型で糖尿病になることです。

糖尿病が増えている原因は色々考えられますが、もともと日本人はこのように体質的に糖尿病になりやすいとも言われているのです。
特に現代の食事がファーストフードやインスタント食品、出来合いのものを多く食べるような食生活を続けていると、おのずと3割から4割の人が2型糖尿病になるとも言われています。


そして、インシュリンは膵臓のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンで血糖値を下げる働きがあり、常に血液中に流れており、インシュリンの濃度が高くなると血糖値が下がり、不足すると上がってきます。


また、アジア人と逆に欧米人に多く見られる糖尿病はインシュリン抵抗性タイプです。
これはインシュリンが多く分泌されているにも関わらず、血糖値が何らかの原因で下がらないのです。
また、インシュリンは肥満に繋がる働きもあることから太りがちです。


ですが、日本人に多いインシュリン分泌不全タイプは、インシュリンの分泌が少ない為に、血糖値が上がりますが、肥満も少なく痩せ型が多いのです。
したがって、糖尿病の痩せ型の治療はインシュリンの分泌がポイントになってくると言えるです。


言いかえれば、インシュリンの分泌を司る膵臓の機能を活性化させれば良いということです。
膵臓の機能が低下したままですと、食事制限をしても運動をしても、効果がない場合があるのです。


膵臓を活性化させるには、東洋医学での体の外側から刺激を加えたり、膵臓に連動した反応点を上手に刺激したりするストレッチやツボ押しなどをすることで、薬などを使って強制的にインシュリンを分泌させなくても、副作用などの心配もなく安全に膵臓の活性化が可能なのです。


自宅でお金をかけずに気軽に出来る、1日数分の簡単エクササイズ!

糖尿病改善「福辻式」DVDの詳細を見てみる




このページの先頭へ